月別アーカイブ

関連リンク

RSS配信

シードル商談会の出展者募集について!!

シードル販路拡大のチャンス!!

飯田小売酒販組合及び長野県地域振興局の主催による「シードル商談会」が次のとおり開催されます。

この商談会は、シードル販売事業者の皆さんと酒販小売業・卸売業、飲食業、ホテル業者等の皆さんとのマッチングを図り、南信州産シードルの認知度向上及び販路拡大の支援を目的として開催されるものです。

シードル販売事業者の皆さん、この機会にぜひご参加ください。

 

1開催日時 令和元年7月10日(水)午後2時〜午後7時

2会  場 飯田市公民館4階(研修室・第1、2視聴覚室)

3主催者  飯田小売酒販組合・長野県南信州地域振興局  

4出展者  南信州地域のリンゴを原料とするシードル生産販売事業者

      (卸売免許者もしくは令和元年度内に同免許取得予定者)

5来場者  酒販小売・卸売業、飲食業、旅館・ホテル業者等

6出展料  無料

7商談形式 展示商談形式(試飲有)、出入自由

      ※試飲用シードル1本分については、費用を主催者側で負担します。試飲用プラスチックカップ(2オンス)についても

      主催者側で負担します。

8申し込み 出展希望者は6月21日(金)までに、長野県南信州地域振興局 商工観光課までお申し込みください。

      申込みの詳細は、長野県南信州地域振興局 商工観光課(電話0265-53-0431、FAX:0265-53-0476、

      E-mail:minamichi-shokan@pref.nagano.lg.jp)までお問合せください。

飯田市意欲ある農業者支援事業補助金について

飯田市意欲ある農業者支援事業補助金

飯田市では令和元年度より、意欲ある農業者の皆さんが、自らの農業経営を改善する目的で導入する機械等の整備を支援するH除菌を新設しました。

1 補助事業の目的

  作業の省力化や効率化により、生産性の高い農業を目指す意欲ある農業者を支援することで、当地域の農業を維持していく目的で実施します。また、地域の仲間やグループ等の多様な担い手を支援し、農業生産の継続、農地保全につなげていきます。

 補助対象者 

個人タイプ    飯田市に在住の農業者、農業法人

共同利用タイプ  市内各地区の中心的担い手農業者を含む農家3戸以上の任意団体

中心的担い手農業者は各地区人・農地プラン掲載の中心的経営体(認定農業者等)のことです。

中山間地域等直接支払交付金の交付を受け農地維持に取組む集落協定内での利用は対象外です。

3 補助対象となる事業

  農業経営の改善に必要な農業用機械又は農業用施設の取得、改良又は修繕。

4 補助率   事業費の3/10以内。上限50万円 

事業費50万円以上の機械等が対象です。業者2者以上から見積りをお願いします。

5 対象事業の要件等  

個人タイプ  補助申請時に5年間の農業経営改善計画を作成し、整備する機械等と計画内容の整合性を確認します。補助事業の活用は5年間の計画期間のなかで原則1回とします。

認定農業者、認定新規就農者は認定時の経営改善計画(就農計画)で確認します。

共同利用タイプ  団体内での話し合いに基づき、構成員の農業経営状況等を含めた整備機械等の利用計画を作成します。団体規約、機械等の管理規程が必要です。

【共通事項】

本補助事業は、国、県、市等の他の補助事業との併用はできません

補助要望額が多い場合は、同一年度内に飯田市等が交付する他の補助金等を受けていない方を優先して補助金額の配分を行う可能性があります。

農業経営の用途以外に容易に利用できる汎用性の高いものは補助対象外です。(運搬用トラック、パソコン、倉庫等)

中古機械及び中古施設の取得、中古資材を活用しての整備も対象となります

 

6 申請期間 令和元年6月28日(金)まで

 

詳細につきましては、飯田市農業課農村振興係までお問合せください(電話0265-21-3217)

 

 

 

市田柿特認生産者認定制度の申請受付中です

市田柿特認生産者認定制度の申請受付について

 本年度の市田柿特認生産者認定制度の申請を受け付け中です(6月28日まで)。申請要件を満たし、認定を受けられると市田柿生産振興補助金の優遇制度が受けられます。

制度の概要

市田柿特認生産者認定制度は、市田柿の生産量確保と品質向上を図り、市田柿ブランドを維持しようとする規模拡大生産者を育成支援するための制度です。認定者は、市田柿生産振興補助金の優遇措置がけられます。

申請要件

1 飯田市に住所を有し、市内で現在農業経営を営んでいる方組織経営体にあっては農業生産法人

 市田柿の栽培と加工を行い、市田柿の出荷量(干上量)10t以上で、市田柿栽培面積10a以上の方

認定

飯田市市田柿特認生産者認定審査会に諮問した上で認定の可否を決定します

認定の有効期限は5年とします。

認定の更新を希望する方は原則として認定有効期間満了の2ヶ月前までに更新申請書を提出してください。

審査の基準

1 5年後の市田柿の生産目標は、市田柿の出荷量(干上量)が20t以上、栽培面積20a以上であり、

確実に目標を実現できる見込みがある方

2 市田柿生産の規模拡大や改善に積極的に取り組む意欲と能力を有し、地域の中核として先導的な立場で取り組み、地域における市田柿の振興を図ることが期待できる方

3 市田柿の魅力や価値を高めるための取り組みを行うとともに、市田柿ブランド推進協議会等の市田柿のブランドを高める取り組みに参画する方

令和元年度 審査会の開催について

 ・今年度の審査会は8月を予定しています。

申請書の提出について

 ・申請を希望される方は、令和元年628日(金)までに提出をお願いします。

市田柿特認生産者に対する主な支援について

・支援内容は苗木購入補助、新規樹園地整備補助、加工施設等整備、農業用生産施設整備支援などです。

 

お問い合わせ先: 飯田市農業課生産振興係(電話0265-21-3217)

第2回シールドセミナーの開催について

南信州シードル協議会主催によるセミナーが開催されます。

本年度第2回目となる今回は、オーストラリアを代表するサイダーメーカーの一つである、Willie Smith`s Cider Makers社の

醸造長Tim Jones氏を講師に迎え、講演いただきます。同時通訳が付きますので英語が苦手な方も安心です。

【日時】令和元年5月26日(日)1000分〜1200
【会場】松川町中央公民館えみりあホール/下伊那郡松川町元大島3720番地
【対象】製造者、農業者、酒販店等流通業者、小売・飲食業者、観光業者、愛飲家の皆様
 ※事前申し込みは不要ですので、参加希望者は直接会場へお越しください。

南信州ナガノシールドコレクションin飯田の開催について

!開催直前のお知らせになり申し訳ありません!

竹宵祭りの約1500本の竹灯篭に照らされて新緑のリンゴ並木を歩きながら、長野県内30社を超えるシードルやリンゴジュースを飲み比べ。2018年産のりんごを使ったフレッシュなシードルなどを味わい、造り手と語らいながら楽しむ大人のイベントです。

 日 時:5月25()16002100

 場 所:飯田市 りんご並木通り 飯田市本町周辺

 参加方法:本部にて専用のドリンクチケットと交換して試飲

専用ドリンクチケット1,000円(10010枚綴り)

シードル1杯300円〜
 イベント内容の詳細は、以下をご覧ください。

http://www.nagano-wine.jp/event/1242/

 お問合せ:NPO国際りんご・シードル振興会 

      office@pommelier.net

新たな六次産業を考えるいいだフォーラム開催のお知らせ

■新たな六次産業を考えるいいだフォーラム開催について
 飯田商工会議所主催によるフォーラムを以下のとおり開催します。是非ご参加ください。

日 時:3/18(月)14:00〜17:00
場 所:飯田商工会議所 1階 商店街交流ホール(飯田市常磐町41番地)
内 容:第1部 六次産業化の事例紹介(14:30〜15:30)
       発表者:(株)信州地賛地奨屋 代表取締役 古田嘉仁氏
           農事組合法人エコーズフェス武石 代表 柿島洋一氏
           (株)太陽農場 取締役 殿倉由紀子氏
    第2部 パネルディスカッション(15:35〜16:15)
       中小企業診断士 滝澤恵一氏と3名の発表者との対談
    第3部 基調講演&個別懇談(16:15〜17:00)
       中小企業診断士 滝澤恵一氏
対 象:農業関係者、流通業者、加工業者、商業者、支援機関
定 員:50名
主 催:飯田商工会議所(地域振興委員会)
共 催:飯田市、みなみ信州農業協同組合、長野県南信州農業改良普及センター
参加お申込み:
  以下のURLにある飯田商工会議所のページからチラシをダウンロードして

  いただき、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
  https://www.iidacci.or.jp/8479/

問合わせ先:
  飯田商工会議所中小企業相談所 TEL0265-24-1500 Fax0265-24-1142
  担当:山田
 

南信州シードルセミナー 〜加工用専用品種を学ぶ〜 開催のお知らせ 

■南信州シードルセミナー 〜加工用専用品種を学ぶ〜
特別品種による6次産業化の可能性について学びます。加工用専用品種について興味のある方はぜひご参加ください。

日 時 :3/1(金)18:00〜
場 所:松川町 中央公民館 えみりあ(松川町元大島3720)
講 師:岩波 徹
    国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
    果樹茶業研究部門
    リンゴ研究拠点 研究領域長 農学博士(東京大学)
定 員:50名
対 象:農業関係者、シードル生産者、6次産業化事業関係者、行政職員)
主催/呼びかけ人:南信州シードル協議会、松川町
参加費:無料
    ☆参加のお申し込み不要。直接会場にお出かけください。
問合わせ先
 松川町 産業観光課 TEL0265-36-7027 Fax0265-36-5091

大豆・そば栽培説明会を開催します

飯田市農業振興センターでは、遊休農地解消の一環として大豆・そば栽培の維持拡大を図るための支援をしています。

大豆・そば栽培説明会を以下のとおり開催しますので、平成31年度に栽培をご検討の方は、是非ご参加ください。

 

開催日:平成31年3月26日(火)

時 間:。隠粥В娃亜繊  ■隠掘В械亜 

    どちらかご都合の良い方にご参加ください。

場 所:農業課・農業委員会事務局事務所 第11会議室(天龍社横の建物)

     (飯田市鼎東鼎281 JAみどりの広場内)

説明会の主な内容

 ● 栽培品種と種子注文について

    大豆:つぶほまれ

 そば:信濃1号、信州大そば

 ● 播種・育成管理について

 ● 播種機・コンバインの利用について

 ● 販売について、他

   ※つぶほまれ:粒が極大で、褐斑病や裂皮粒といった障害粒の発生が少なく、外観品質が優れています。

       また、加工用途が広く、極大粒の煮豆の他、食味の優れた豆腐やみそに加工することができます。

                                         (長野県農業関係試験場ウェブサイトより)

参加のお申し込みは不要です。

播種機・コンバインの利用を希望される方は、必ずご参加下さい。

種子の注文をされる方は、事前に送付しました注文書をご持参ください。

新規に注文される方は、会場で注文書をお渡しします。

<問合せ先>

 飯田市農業振興センター 電話0265−21−3217 

 担当 今牧、増田、窪田

商品魅力発信・売上向上研修会の開催について

■商品魅力発信・売上向上研修会の開催について
新商品作りから、商品宣伝・売上向上まで、商品の課題を把握し、研修を通してネット等を活用した「売れる商品」のPRや販売の方法を学びます。

参加希望の方は、締め切り日までにお申し込みください。
主催:南信州地域振興局、長野県南信州農業改良普及センター、南信州6次産業化推進協議会他
日時:平成31年3月5日(火)13:30〜16:00
会場:南信消費生活センター(飯田市追手町2丁目641-47)
内容:(1)講演(13:40〜15:00)
演題:「ネットを活用した、商品の魅力発信及び売上向上について」
講師:青柳 聡 氏(地域資源製品開発支援センター専門家)
(2)質疑応答(15:00〜16:00)
参加費:無料
持ち物:筆記用具
参集者:6次産業認定事業者・認定を目指す農業者、農産加工活動を行っている組織、6次化や起業活動に関心のある農業者
※事前質問を受け付けます。お申し込み時に質問したい内容をご提出ください。

申込期限:平成31年2月21日(木)
詳細、お申込み、お問合わせは以下までお願いします。
南信州地域振興局農政課生産振興係 土屋
(0265)53-0414 FAX(0265)53-1629
メール minamichi-nosei@pref.nagano.lg.jp

農業課・農業委員会事務局事務所の移転(10/1〜)のお知らせ

農業課・農業委員会事務局は、現在使用中の仮事務所建物(南信州・飯田産業センター敷地内)からJAみどりの広場内事務所(飯田市鼎東鼎281番地、天龍社隣の建物)に戻ります。お間違えのないようお願いいたします。

 

  ▲仮事務所(産業センター敷地内)

   平成30年9月28日(金)まで

 

  ▲移転先の事務所の場所

 飯田市鼎東鼎281番地

 

               入口

       

  ▲移転先での業務開始

 平成30年10月1日(月)〜

   

 問合せ先  (電話・FAX番号は変わりません)

  ○農業課      電話0265(21)3217

○農業委員会事務局 電話0265(21)3219