月別アーカイブ

関連リンク

RSS配信

市田柿作業講習会を開催します!

市田柿作業講習会の開催について

 

 飯田市農業振興センターでは本年度も市田柿の収穫・加工の手伝いをされる皆対象に、作業講習会を開催します。

市田柿加工は衛生管理の徹底重要です。

是非この機会に講習会に参加し、地域ランドである「市田柿」の生産ご協力ください。

市田柿の作業は女性にも十分できる内容です。大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

日時  1010(木)午前1000

場所  JAみなみ信州 伊賀支所 営農会議室

     (飯田市北方3852-22

対象  市田柿収穫・加工作業のお手伝いをされる方

内容  ○市田柿の作業工程・注意事項等の説明

      講師:信州農業改良普及センター

     ○柿の収穫作業〜皮むき作業〜干し作業実技

      講師JAみなみ信州営農部柿課

服装等 作業のできる服装筆記用具

参加料 無 料

事前の参加申し込みは、不要です。

 

市田柿作業のお手伝いをしていただける方を募集中です

市田柿生産者は高齢化等により加工作業をされる方が減少しており、地域の皆様で収穫加工作業をお手伝い頂ける方の募集をしています。地域の市田柿生産農家の作業場所で教えてもらいながらできる作業で、期間は10月末〜11月中旬の2〜3週間ほどです。

収穫加工作業のお手伝いをいただける方は、上記作業講習会で作業を体験いただいた後、JAみなみ信州の職業紹介所へ登録いただき、生産者より派遣依頼申込みがありましたらご紹介します。

女性の方でも十分できる作業です。毎日はできない、終日働けない方、空いた時間に作業したい方もご相談に応じます。

 

お問い合わせ 飯田市農業振興センター 0265-21-3217

 

南信州就農・就業相談会を開催します

飯田市で新規就農してみたい、後継者で農業を始めてみたい、定年後に本格的に農業を始めてみたい、会社員をしながら農業にチャレンジしてみたい(兼業農家、週末農家)、農業法人で働いてみたい、農業体験をしてみたい、新たな品目に取り組んでみたいなど就農に関する相談会を開催します。農業に関心のある方のご来場をお待ちしています。お気軽にご参加ください。

 開催日:令和元年8月25日(日)受付時間9時〜15時(終了16時)

 会 場:JAみなみ信州本所 みなみちゃんホール(飯田市鼎東鼎)

 申込み:事前予約は必要ありませんので、当日お気軽にお越しください。相談料も無料です。

 お問い合わせ:南信州・担い手就農プロデュース事務局(JAみなみ信州担い手支援室内)電話0265-52-6644または飯田市農業課農業振興セン ター係 電話0265-21-3217

食品と健康増進に関するシンポジウムの開催について

 伊那谷アグリイノベーション推進機構(事務局:信州大学部農学部内)では、第16回シンポジウムを「食品と健康増進について」と題して開催します。大豆や市田柿など飯田下伊那地域に身近な食品についての認識を深める良い機会ですので大勢の皆さんの参加をお待ちしています。なお、当日は開催会場であるエスバードの施設見学会も開催されます。(要予約)

 

日 時 7月14日(日)13:30〜16:30

会 場 産業振興と人材育成の拠点「エス・バード」(飯田市座光寺3349-1)

 内 容 【講演】「次世代プレバイオティクス:麹菌プロテアーゼ」

           加藤 範久 氏(広島大学 名誉教授)

      【事例報告】「市田柿の機能性について」

           濱渦 泰範 氏(信州大学農学部 准教授)

      【パネルディスカッション】

       座  長:友竹 浩之 氏(飯田女子短期大学 教授)

       パネラー:加藤 範久 氏(広島大学 名誉教授)

            濱渦 泰範 氏(信州大学農学部 准教授)

            稲熊 隆博 氏(信州大学農学部 特任教授)

            石黒 義典 氏(旭松食品株式会社食品研究所)

 同日開催 エス・バード 食品系試験室見学会 要予約

       1回目11:00〜、2回目11:30〜

 参加申込 参加希望者は7月1日までにお申し込みください。

      【お問い合わせ・申し込み先】

      (信州大学農学部内)伊那谷アグリイノベーション推進機構事務局

       電話0265-77-1523 FAX0265-77-1644

       

小正月行事の
 

小正月行事の

「成り木責め(柿の木打ち)」

飯田市農業課では、地域ブランドとして推進している「市田柿」

の豊作を祈願して、南信州の伝統行事である

成木責めを実施しました。

≪行事の概要≫

小正月(15日が多い)に果実の豊作を祈願して行われる行事。「なりそきりそ」とも言う。二人で行うことが多い。

先の人が「なた」か「よき(斧)」を持って柿の木の幹を傷つけ「なりそろ(候)か、切りそろか、ならぬと、すっぱり切っちまうぞ」とか、「なるかならぬか、ならなければ切るぞ」と唱えて傷後へおかゆを進ぜる。


≪参考≫

・現在も「成りき責め」の行事を伝承している、下久堅の「三石家」の三石政司さんから作法を教授して頂きました

・熊谷 元一さん作の「二本のかきのき/福音館書店」にも紹介されています。

しなの食大学開講
 

今年度も「しなの食大学」が、はじまりました。

本年度の受講者は47名。

第一回目は6月21日(木)に鼎公民館で行われました。

始めに、飯田市保健福祉事務所・健康づくり支援課・担当係長 小野希代子氏より、「長寿県長野」でいつづけよう!をテーマに、食生活で気をつける事などを、お話しして頂きました。

 

実習では、ローストポーク(オニオンソース)・シーザーサラダ・鯛の炊き込みご飯・素麺・マンゴープリンを、小木曽講師と小林講師に教えて頂きました。各テーブルごとで調理に取りかかり、分からないことは講師に質問しながら、楽しく調理が出来ました。

今後も色々なお料理を作る予定です。その都度レシピを掲載させて

いただきます。お楽しみに!

 

大豆トラスト運動始まりました!
 

6/15日(土)に大豆の種まきを予定しておりましたが、当日は残念ながら雨が降ってしまい交流会のみ行いました。
 今回は5名のオーナーさんにお越し頂き、畑の管理などをして下さっているJ
A山本女性部の皆さんが作って下さった、ひじきコロッケや、五平餅など沢山の手料理を
美味しく頂きました。オーナーさんが五平餅を焼く体験をしたり、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。




雨天のためコンバインで大豆の種(つぶほまれ)を播きました!畑の様子を見に行ったところ6/25日

には、かわいい芽をだしていました。秋の収穫まで順調に育ってほしいです。



 

平成24年度「しなの食大学」旬の一番料理教室
 

期 日 時 間

開 催 場 所

講 義 内 容

講師(予定)

6月 21日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

開講式

講話「長寿県長野」 でいつづけよう!

実習

飯田保健福祉事務所

健康づくり支援課

担当係長 

 小野 希代子氏

月19日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

夏野菜料理

地産・地消で(地元旬の野菜を使った料理)

松澤 喜好

他指導員

9月 20日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

長野県調理師会

料理コンクールに出品しよう

萩原 幸夫

田中指導部幹事

10月 3日(水)

      終日

現 地

[鼠コンクール長野大会見学

  ホテル圓山荘(戸倉上山田)

直売所 現地研修

調理師会

JA

 

10月18日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

(現 地)

“單帖Σ式貌瓩量邵敘晴箸鮹里

⇔鼠実習

JA

調理師会

11月15日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

伊那谷の行事食を学ぶ

郷土史家

普及センター

食改

1月24日(木)

10:00〜13:00

鼎公民館

冬の野菜料理

地産地消で(地元旬の野菜を使った料理)

波田野 良定

他指導員

2月 21日(木)10:00〜13:00

鼎公民館

春先取り料理

地産地消で(地元の食材を使った料理)

萩原 幸夫

他指導員

 

 

反省食事会

修了証授与式

 


持ち物   エプロン・三角巾・筆記用具・包丁・必要な方はマスク

 

会 費              前 期:4,000円(6/21)   後期:4,000円(10/18) 

 

 

平成24年度 しなの大学(旬の一番料理教室)受講申込み

 

 

ふ り が な

 

氏  名

 

住  所

 

連絡先

電話&FAX

*ここで知り得た情報は、しなの食大学(旬の一番料理教室)にのみ使用するものです。

        *受講申込先

       ”書    〒395-0034 飯田市追手町2−678
                飯田保健福祉事務所内 飯伊調理師会

       FAX     0265−23−0303

        *募集人数  40名

       申込期限  平成24年5月28日(月) 
               (封書又はFAXに限らせていただきます。)

しなの食大学旬の一番料理

5年目 大豆畑トラスト運動 始まりました!
  6月18日(土)に、山本地区の大豆オーナー畑で種まきを行いました。
12名のオーナーの皆さんにご参加いただき、畑の管理・味噌の製造をしてくださって
いるJA山本女性部の皆さんと一緒に行いました。

 

 梅雨入りし、お天気も心配されましたが、無事に種まき作業をすることができました。
畑では、子供さんの元気な声も響き、オーナーさんと女性部の皆さんとの会話も弾み
ながらの作業となりました。

 
大豆畑トラスト運動 〜草取り〜
  8月23日(月)に大豆畑の草取りを行いました。

大豆畑草取り

 2名のオーナーさんに参加いただき、JA山本女性部の皆さんと共に
手に鎌を持ち作業開始。動き始めた瞬間からたちまち汗が・・・。

 休憩をはさみ、1時間半後にはこんなにきれいな畑になりました。

草取り後

 暑い中での作業、お疲れ様でした。
次回はいよいよ収穫祭です!
そばの種を捲きました(龍江)
 龍江地区農業振興会議では8月5日にそばの種を捲きました。遊休農地対策の一環として昨年に引き続きの実施です。雨が全く降らず生育が心配されますが収穫を楽しみにしています。