月別アーカイブ

関連リンク

RSS配信

食の大切さを学ぶ
子ども料理教室指導者養成講座
2月1日・2日の両日、飯田市竜丘公民館で開かれました。
神戸を拠点に子供向け料理教室などを手掛ける、サカモトキッチンスタジオの坂本廣子さんを講師に迎え、一日目は「食育とは何か今なぜ食育か」の講演を聴き、食育実践料理体験講座のための準備を行いました。二日目は、竜丘保育園の年長園児32名を迎え料理教室の実践を行いました。最初に坂本先生が子どもたちの前で調理を実演し、続いて受講者の皆さんが講師役となり、大根のゆずみそ煮や白菜と干し柿の甘酢和えなどの作り方を子ども達に手ほどきをしました。子ども達は野菜のみじん切りに挑戦するなど大張り切りでした。

坂本廣子先生←坂本廣子先生・・・NHK教育テレビ「ひとりでできるもん」の生みの親とされ、幼児期からの食育を30年前から提唱するなど日本の食育実践の先駆けになったことで知られている。


■ 白菜と干し柿の甘酢和え

 《 材料 》(4人分)
    ・ 白菜の葉・・・2枚
・ 干し柿(市田柿)1個
・ たて塩 (塩 小さじ1/2  水 大さじ2)
・ 甘酢(酢大さじ2 砂糖大さじ1 塩小さじ1/4)    
 《 作り方 》
    白菜は葉の部分とかたい軸の部分とを切り離す。
軸は4cm長さに切りせんいにそって薄切りにする。葉はせん切りにする。
干し柿は二つに開いて端から細かく切る。
甘酢を合わせて白菜と干し柿を和える。



■ 鯉こく

 《 材料 》(4人分)
    ・ 鯉(アラ含む) 300g  
・ 豆腐(絹) 1/2丁
・ 青ねぎ 2本
・ 水 6カップ
・ みそ 60g
   
 《 作り方 》
    鯉は食べやすい大きさに切ってもらっておき、水から入れてグラグラ煮る。途中で丁寧にアクを引きながら煮汁が透き通るまで煮る。
ねぎは小口切りにする。
きれいにアクが引けたらみそを,亮兔曽々でときのばし鍋に入れる。
豆腐を手の上で小さく切り、みそ汁にいれる。
ねぎを散らして盛りつける。



■ 大根とゆずみそ煮

 《 材料 》(4人分)
    ・ 大根400g
・ 鶏もも肉1枚(300g〜350g)

・ 白みそ100g
・ だし 1/2カップ

・ だし4カップ
・ 塩小さじ1/2
・ 砂糖大さじ1
・ 酒大さじ1
・ みりん大さじ1
・ 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2 水大さじ2)
・ へぎゆず5枚
   
 《 作り方 》
    大根は縦に4等分にしてからピーラーで皮をむきコロコロ状に切る。
鶏肉はコロコロに切る。フライパンに皮目を下に貼り付けるように置いて、動かさずきつね色になるまで裏表焼く。
へぎゆずは細かく切る。
Bを鍋に入れ鶏肉と大根を加えて煮る。Aを合わせてみそを柔らかく溶きいれて大根が柔らかくなるまで煮る。
水溶き片栗粉を加えて、鍋をゆすりながら火にかけ全体にとろみが出るまで煮る。器に盛り細く切ったゆずを飾る。
この記事のトラックバックURL
トラックバック