月別アーカイブ

関連リンク

RSS配信

大豆畑トラスト運動 〜草取り〜
  8月23日(月)に大豆畑の草取りを行いました。

大豆畑草取り

 2名のオーナーさんに参加いただき、JA山本女性部の皆さんと共に
手に鎌を持ち作業開始。動き始めた瞬間からたちまち汗が・・・。

 休憩をはさみ、1時間半後にはこんなにきれいな畑になりました。

草取り後

 暑い中での作業、お疲れ様でした。
次回はいよいよ収穫祭です!
いきいき彩々
  飯田ケーブルテレビ713chで、農業情報 『 いきいき彩々 』 を放映しています。

         ■ 放 映 日    8月23日(月) 〜 8月29日(日)

         ■ 放映時間   月〜金 9:30/12:00/19:30/21:30/22:30
                         土 ・ 日 9:30/12:00/19:30/22:30

         ■ 放映内容   上村下栗の掛け踊り 
                      
         ◇下栗の掛け踊り・・・毎年8月15日に下栗拾五社大明神社で行われる
                      踊りです。豊穣を祈願する雨ごいの踊りとも言われ、
                      江戸時代初期に伝わったとされています。
            

                                           祭りはっぴ                

                                                                                     
         
そばの種を捲きました(龍江)
 龍江地区農業振興会議では8月5日にそばの種を捲きました。遊休農地対策の一環として昨年に引き続きの実施です。雨が全く降らず生育が心配されますが収穫を楽しみにしています。



大豆の種まきを行いました。

 松尾地区農業振興会議では、松尾公民館の農業体験・食育講座「ハロウィンかぼちゃ
をつくろう」に協力しています。
この事業では、遊休農地を借用し、地域に参加者を募って農作物の育成から収穫、加工
までを体験します。

 7月3日(土)には大豆の播種が行われました。


 梅雨の最中ということで、1週間延期されての実施でしたが、この日も朝から雨模様。
開催が危ぶまれましたが、種まきの時間は、ちょうどやんでいてくれました。
松尾地区農業振興会議の役員の指導のもと、参加者は一列に並んで、20センチ間隔
で大豆の種をまいていき、みんながまき終えたら一列前進します。大人も子どもも一緒に
なって作業を進めました。

松尾

 大豆の他には、かぼちゃ・さつまいも・トウモロコシなどを栽培し、秋には収穫祭を
開催する予定です。
 
 遊休農地の解消、農業体験、食育、地域交流にもつながる地域一体となった
このような活動が、広がり根付くことを期待しています。

パソコン簿記講座 受講者募集!
  農業経営を分析し経営改善へ。そのための第一歩は自分の農業経営の『数字』を掴み、
データの蓄積と整理を行うことです。市販の農業簿記ソフトを使い、複式簿記、農業簿記の
初歩から実務までを実習します。
 今回は、8月から3月まで毎月1回での講座を計画いたしました。奮ってご参加下さい。

   ■日  時  第1回目 8月25日(水)
          第2回目以降 毎月最終水曜日
          9時〜12時
   ■場  所  サンヒルズいいだ (飯田市桐林)
   ■参加費   テキスト代実費
   ■定  員  20名 (申し込み多数の場合は抽選となります)
   ■申込期限 8月13日(金)
   ■申し込み  飯田市農業振興センター (TEL 0265−21−3217)
  
                                                      
ホームページをリニューアルオープンしました
 飯田市農業振興センターのホームページをリニューアルオープンしました。今まで以上にイベントの紹介など様々な情報を発信していきます。
しなの食大学 〜魚料理をマスターしよう〜
(旬の一番料理教室6月)
講 師    宮澤  和敏さん(番屋)
   前島信一さん(千登勢)

■ いわしのロール天

いわしのロール天 《 材料 》(4人分)
・ いわし・・・4匹 
・ 梅干し・・・2個 
・ 大葉・・・8枚 
・ 万能葱・・・4本
・ レモン・・・ 半分
・ 衣
 溶き卵・・・1ケ
 小麦粉・・・0.5カップ
 水・・・大さじ2
・ 揚げ油
   
《 作り方 》
梅干しは、種を除いて小さく切り、大葉を縦半分、万能葱は5cm長に切る。いわしは三枚におろして小骨を取り、薄塩をうつ。
いわしの身に梅干し、大葉、葱をのせ手前からきっちり巻き、巻き終わりは楊枝でとめる。した粉をつける。
ボウルに衣の材料を混ぜ合わせ、フライパンに油を2cm深さまで入れ熱し、揚げ焼きしこんがり揚げ色がついたら上下を返し、同様に揚げ焼き、油をきって皿に盛りレモンを添える。



■ 鰯の蒲焼き丼

鰯の蒲焼き丼《 材料 》(4人分)
・ いわし・・・4匹 
・ 小麦粉・・・適量
・ A  醤油・・・大さじ2
    砂糖・・・大さじ1〜大さじ2弱
    みりん・・・大さじ2
    料理酒・・・大さじ2
・ 油・・・少々
・ 粉山椒・・・お好みで 
・ 大葉・・・8枚
・ ししとう・・・8個
・ ごま・・・少々
・ ご飯・・・4杯分
・ 紅しょうが・・・少々
   
《 作り方 》
いわしを開き骨を取る。良く洗いペーパータオルで水気をふき、塩うちし、両面に小麦粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、いわしを並べ両面にきれいな焼き色がつくまで焼く。
フライパンの余分な油をふき、Aの調味料をいれ煮詰めながらいわしにタレをからめる。煮詰め具合はお好みで。
丼にご飯を盛り、タレをかけ大葉をしき、いわしをのせ、ごま・焼いたししとう・紅しょうがをあしらう。



■ 鰯のつみれ汁

鰯のつみれ汁《 材料 》(4人分)
・ いわし・・・4匹
・ ごぼう・・・100グラム
・ ねぎ・・・20cm
・ 生姜汁・・・小さじ1
・ 昆布8cm角・・・2枚
・ 醤油・・・大さじ3
・ 料理酒・・・大さじ2
・ A  塩・・・少々
    料理酒・・・大さじ1
    小麦粉・・・大さじ1
   
《 作り方 》
いわしを開き内臓を取り出し、塩水できれいに洗い水気を拭き取り、腹骨・皮を取り一口大に切る。
すり鉢に入れ、生姜汁とAを加えて、すりあげる。
ごぼうは皮をこそげささがき、水にさらす。
ねぎは小口切りにする。
鍋に水5カップと昆布をいれ15分置いてから火にかけ沸騰直前に昆布を取り出す。
△魎櫃瓩騰イ貌れ、を加えて、弱火で15分くらい煮る。
い魏辰┐董⊂潴・塩・酒で調味する。

*いわしの皮は頭から尾に向かって引くと簡単!
*新ごぼうは皮を剥かなくても良く洗えば香りよい。
*いわしとごぼうの相性がgood!
しなの食大学 〜春先取り山菜料理〜
(旬の一番料理教室3月)
講師 波田野良定さん(はら宿)
   田中秀樹さん(とりきん)

■ 新ごぼうのごはん

新ごぼうのごはん《 材料 》(4人分)
・ うるち米・・・2合
・ もち米・・・1合
・ 人参・・・30g
・ ごぼう・・・150g
・ 油揚げ・・・3枚
・ つな缶・・・50g
・ だし汁・・・420cc
・ 薄口醤油・・・40cc
・ みりん・・・大さじ2
・ 砂糖・・・8g
   
《 作り方 》
うるち米ともち米を一緒にして洗い、ざるに入れておく
ごぼう・人参をささがきにする。ごぼうはだし汁で煮、アクを取りざるにあけ水きりし、だし汁は冷ましておく。
油揚げは熱湯で油抜きし、縦半分にし細切りする
炊飯器に洗った米と材料全てを入れ、ごぼうの煮汁で炊く。



■ うど・水菜・新玉葱の酢みそがけ

うど・水菜・新玉葱の酢みそがけ 《 材料 》(4人分)
・ しらす干し・・・大さじ2
・ うど・・・15cm
・ 新玉葱・・・1個
・ 水菜・・・1/2束  
[ 酢みそドレッシング ]
・ 白味噌・・・大さじ1
・ 酢・・・大さじ2
・ 砂糖、ごま油・・・各小さじ2
・ 練り辛子・・・小さじ1
   
《 作り方 》
うどは5cmに切り皮をむいて、薄い短冊切りにして酢水にさらす
新玉葱は縦半分にして、薄切りにする。さっと水にさらしすぐ水気をきる
水菜は5cmに切る
酢みそドレッシングは分量の調味料をよく混ぜ合わせる
しらす干しはフライパンで軽く煎る
うど・新玉葱・水菜を器に盛り酢みそドレッシングをかけてしらす干しをかける



■ 山菜そばがきの吸い物

山菜そばがきの吸い物《 材料 》(4人分)
・ そば粉・・・1カップ
・ 水・・・2カップ
・ だし汁・・・750cc
・ 薄口醤油・・・小さじ1/2
・ 塩・・・小さじ1
・ うるい、わけぎ、せり・・・適量
・ たらの芽・スナックえんどう・・・各8個
・ しいたけ・・・4個
・ ゆず・七味唐辛子・・・少々
   
《 作り方 》
うるい・わけぎ・せりを3〜4cmに切り下茹でする
たらの芽は、はかまを取り下茹でする
スナックエンドウは筋を取り下茹でする
しいたけは4つわりにする
そばがきを作る。鍋に分量のそば粉と水を入れよく混ぜる。中火でよく混ぜながら練り上げ、硬くのり状にする。そこに熱湯を入れ、さっと煮て「そばがき」が浮き上がれば出来上がり。
鍋に分量のだし汁と塩・薄口醤油で吸い地を作る
沸騰したら山菜を入れ、最後に「そばがき」を適当な大きさにお玉で取り、入れる
器に盛って、好みで柚子・七味唐辛子をふる



■ 菜の花のごま味噌合え

菜の花のごま味噌合え《 材料 》(4人分)
・ 菜の花・・・120g
・ 煮いか・・・1/2ハイ     
・ だし汁・・・大さじ1/2
・ 味噌・・・20g
・ 砂糖・・・7g
・ すりごま・・・大さじ1
   
《 作り方 》
菜の花は熱湯に塩を入れて茹でる 冷水に取り水切りをする
3cm位の長さに切り、煮いかは食べやすい大きさに切る
ごま味噌の材料をすべて混ぜる
食べる直前にごま味噌で菜の花・煮いかを混ぜる
食の大切さを学ぶ
子ども料理教室指導者養成講座
2月1日・2日の両日、飯田市竜丘公民館で開かれました。
神戸を拠点に子供向け料理教室などを手掛ける、サカモトキッチンスタジオの坂本廣子さんを講師に迎え、一日目は「食育とは何か今なぜ食育か」の講演を聴き、食育実践料理体験講座のための準備を行いました。二日目は、竜丘保育園の年長園児32名を迎え料理教室の実践を行いました。最初に坂本先生が子どもたちの前で調理を実演し、続いて受講者の皆さんが講師役となり、大根のゆずみそ煮や白菜と干し柿の甘酢和えなどの作り方を子ども達に手ほどきをしました。子ども達は野菜のみじん切りに挑戦するなど大張り切りでした。

坂本廣子先生←坂本廣子先生・・・NHK教育テレビ「ひとりでできるもん」の生みの親とされ、幼児期からの食育を30年前から提唱するなど日本の食育実践の先駆けになったことで知られている。


■ 白菜と干し柿の甘酢和え

 《 材料 》(4人分)
    ・ 白菜の葉・・・2枚
・ 干し柿(市田柿)1個
・ たて塩 (塩 小さじ1/2  水 大さじ2)
・ 甘酢(酢大さじ2 砂糖大さじ1 塩小さじ1/4)    
 《 作り方 》
    白菜は葉の部分とかたい軸の部分とを切り離す。
軸は4cm長さに切りせんいにそって薄切りにする。葉はせん切りにする。
干し柿は二つに開いて端から細かく切る。
甘酢を合わせて白菜と干し柿を和える。



■ 鯉こく

 《 材料 》(4人分)
    ・ 鯉(アラ含む) 300g  
・ 豆腐(絹) 1/2丁
・ 青ねぎ 2本
・ 水 6カップ
・ みそ 60g
   
 《 作り方 》
    鯉は食べやすい大きさに切ってもらっておき、水から入れてグラグラ煮る。途中で丁寧にアクを引きながら煮汁が透き通るまで煮る。
ねぎは小口切りにする。
きれいにアクが引けたらみそを,亮兔曽々でときのばし鍋に入れる。
豆腐を手の上で小さく切り、みそ汁にいれる。
ねぎを散らして盛りつける。



■ 大根とゆずみそ煮

 《 材料 》(4人分)
    ・ 大根400g
・ 鶏もも肉1枚(300g〜350g)

・ 白みそ100g
・ だし 1/2カップ

・ だし4カップ
・ 塩小さじ1/2
・ 砂糖大さじ1
・ 酒大さじ1
・ みりん大さじ1
・ 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2 水大さじ2)
・ へぎゆず5枚
   
 《 作り方 》
    大根は縦に4等分にしてからピーラーで皮をむきコロコロ状に切る。
鶏肉はコロコロに切る。フライパンに皮目を下に貼り付けるように置いて、動かさずきつね色になるまで裏表焼く。
へぎゆずは細かく切る。
Bを鍋に入れ鶏肉と大根を加えて煮る。Aを合わせてみそを柔らかく溶きいれて大根が柔らかくなるまで煮る。
水溶き片栗粉を加えて、鍋をゆすりながら火にかけ全体にとろみが出るまで煮る。器に盛り細く切ったゆずを飾る。
しなの食大学 〜保存食材を活用した料理〜
(旬の一番料理教室1月)
講師 清水 成喜さん (やまゆり)
   大屋敷和彦さん(民宿このた)

■ 凍み豆腐のからあげ

凍み豆腐のからあげ《 材料 》(4人分)
    ・ 凍み豆腐・・・2ケ 
・ 白いりごま・・・大さじ5
・ 片栗粉衣用・・・大さじ8
・ 調味料 醤油・みりん・・・各大さじ4
・ おろしニンニク・おろし生姜・ごま油・・・各大さじ2
・ 溶き卵・・・1個
   
 《 作り方 》
    凍み豆腐を戻し水気をよく絞り、一口大に切る
各調味料をボールに混ぜ豆腐を入れて、味をしみこませる
軽く絞りながら、形を整え、片栗粉をまぶして160℃〜170℃の油で揚げる
白いりごまをまぶす



■ ひじきの炊き込みごはん

ひじきの炊き込みごはん《 材料 》(4人分)
    ・ 乾燥ひじき・・・10g
・ 人参・・・1本
・ 鶏もも肉・・・200g
・ 油揚げ・・・1枚
・ 干し椎茸・・・2枚
・ お米・・・3合
・ 料理酒・味醂・・・大さじ2
・ 醤油・・・大さじ4
   
 《 作り方 》
    ひじきを柔らかくもどして、水気を切っておく。干し椎茸を水で戻し、戻し汁をとっておく。油揚げを湯通しし油抜きをする。
⊃融押Υ海慶蚤を粗みじん切りし、油揚げは3佗の短冊切り、鶏もも肉は小口切りする
洗米に、酒・みりん・醤油を入れ、椎茸の戻し汁を入れて人参・椎茸・油揚げ・鶏肉・ひじきをのせて混ぜずに炊く



■ 凍み大根牛乳スープ

凍み大根牛乳スープ《 材料 》(4人分)
    ・ 昆布・・・10g
・ 凍み大根・・・4枚
・ 人参・・・100g
・ 鶏肉・・・200g
・ ねぎ・・・1/2本
・ 生姜・・・少々
・ サラダ油・・・大さじ1
・ 固形スープの素・・・1個
・ 牛乳・・・1カップ
・ 調味料 酒・塩・こしょう・・・各少々
   
 《 作り方 》
    昆布は乾いたふきんで汚れを取り、1cm角に切り水3カップにつけておく
戻した凍み大根はイチョウ型、人参は皮をむいて小さい乱切り、鶏肉も同じ位に切る
ねぎは斜めに切り、生姜は薄切りにする
鍋にサラダ油を熱し、生姜を炒めて香り出し、鶏肉を白くなるまで炒める。凍み大根・人参を加えて炒め,鮑布ごと加え、酒大さじ2・固形スープも入れて、アクを除きながら人参が柔らかくなるまで煮る
い傍軻を加えて、ひと煮立ちしたら、塩こしょうで調味する
※凍み大根は厚さによって入れるタイミングを!



■ ソーメンカボチャの酢の物

ソーメンカボチャの酢の物《 材料 》(4人分)
    ・ ソーメンカボチャ
・ 三杯酢
   
 《 作り方 》
    ソーメンカボチャは種を出して湯がく
竹串がささるくらいで取り上げ冷水に入れる
ザルに上げ水気を切り三杯酢に入れる