月別アーカイブ

関連リンク

RSS配信

りんご新わい化栽培の実証結果を公表します!
NPO法人みどりの風が取組主体となり、耕作放棄地再生利用緊急対策交付金を活用して耕作放棄地を再生と新わい化りんごの実証ほ場を整備して実証試験を行いました。

1 実証ほ場  飯田市座光寺大堤地区

2 実証期間  平成24年度〜平成25年度

3 実証内容
  ◆実証品種 つがる、シナノスイート、シナノゴールド、シナノドルチェ、秋映、ふじ
  ◆実証内容 品種別樹間距離による早期成園化の実証
        品種別成熟期調査による早熟の実証
        収量及び秀比率の実証
        労働時間の短縮と経費節減の実証

4 実証結果
   試験結果は添付ファイルをご覧ください
http://www.iida-nougyou.com/cgi/file/dl.cgi/H24_「秋映」カットツリー.pdf?download=99
http://www.iida-nougyou.com/cgi/file/dl.cgi/H24着果有無成績 簡易版.pdf?download=100
http://www.iida-nougyou.com/cgi/file/dl.cgi/H25_品種比較.pdf?download=101
http://www.iida-nougyou.com/cgi/file/dl.cgi/H25着果有無成績_2 簡易版.pdf?download=102
http://www.iida-nougyou.com/cgi/file/dl.cgi/座光寺実証補.jpg?download=97
IIDA農業女子大募集!アグリビジネス起業塾について

IIDA農業女子大募集!アグリビジネス起業塾について

 掲載日:2015年7月22日更新

この秋、ファーム・ステイやB&B、農家レストランなどをテーマとした起業塾を開きます!

受講生を募集します

先輩女性農業者、全国各地で地域ブランドづくりや起業セミナーを手掛けるアドバイザー、フランスの宿泊付き農家レストラン経営者を講師に迎え、座学、視察、実習など多彩なメニューで学びます。

初回は9月8日火曜日から、全7回講座となります。

詳細はこちらのご案内をご確認ください。
飯田市役所ホームページ
http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/22/center-002.html

対象

市内に在住、または飯田市への定住を希望する20代から40代で、次のいずれかに該当する女性。

  1. 仲間づくりや新たなチャレンジをしたい農業者
  2. 農業を資源とする交流事業に関心のある方

定員

20名

受講料

5,000円(全7回)

申込方法

上記の飯田市役所ホームページを参照しお申込みください。
 

申込期限

8月18日火曜日

お問合せ先

飯田市農業振興センター または飯田市農業課農村振興係まで、お問合せください。

電話 0265-21-3217

Fax 0265-52-6181

メール  nousei@city.iida.lg.jp

市田柿生産者による韓国干し柿事情研修視察について
市田柿生産者による韓国干し柿事情研修視察について
 
1.主  催        飯田市農業振興センター
 
2.日  時        平成261015日(水)から1017日(金) 23
 
3.趣  旨        
 南信州の代表的な生産物である「市田柿」は、国の内外問わず注目をされています。行政含めてJA・生産者としても国内における他の干し柿産地の動向には注視をしていますが、海外特に中国・韓国の動向も気になるところです。
   そこで隣国の韓国干し柿事情に視点を向けると、同様に干し柿生産熱は上がっていて、その動向は無視できる状況になく、今回生産技術に関する農業センターと生産農家や、清道柿(チョンドパンシ)とその加工・販売状況、また流通事情他を研修して、生産と販売への意識と情勢情報力をアップすることで、市田柿生産販売への意欲と更なる発想などの起点となることを目的とします。
 
4.視察旅程      
  韓国の干し柿における生柿収穫が10月中旬と聞くことから、その時期に視察をおこない、より成果の上がる研修と位置づけます。
 
 南信州の柿収穫も間近にあることから、23日の行程ですが、渡航初日は昼出発で、帰国後南信州へ夕方までに帰飯できる旅程としました。
   *工程表別紙による。全行程食事付き(朝2・昼2・夕2)
 
5.募集及び人員    
  飯田市管内の柿生産者を原則として、20名までの募集とします・定員に達し次第締め切りとします。
 
6.旅  費            
 参加者数により変動がありますが、10名以上で90,000円程度
    10名以内で100,000円程度を概算予定しています。
   別途、オイルサーチャージ4,400円が必要となります。
 
7.申込み               
  916日(火)までに各組織を通じて、飯田市農業振興センターまで申込みください。
  尚、定員に達した時点で締め切りとしますのでご了解ください。

 
8.問い合わせ      
 この研修視察についてのお問い合わせは、各組織(JA・園協)へお願いします。
  また、飯田市農業振興センターでも対応します。

 
明日へ未来へつながる農業(33)2014年3月
仲間とのつながりで国産カーネーションの未来を担う
カーネーション栽培 関島和幸さん(飯田市鼎名古熊)

○鮮度と美しさで勝負
○地元の商・学と連携「夢かなえ隊」



こちらからPDF版をダウンロードできます
 
(2014年3月・週刊いいだ掲載)
※上記誌面クリックにて拡大します
明日へ未来へつながる農業(32)2014年2月
ブナシメジ発祥の地、新たな挑戦
(有)さくらファーム 桜井俊美さん(飯田市上郷)

○ノウハウの蓄積こそ財産
○「まるごと一株」のヒットと顧客連携



こちらからPDF版をダウンロードできます
 
(2014年2月・週刊いいだ掲載)
※上記誌面クリックにて拡大します
明日へ未来へつながる農業(31)2014年1月
中山間地域を照らすダリアの光
ダリア農家 玉置勤さん(飯田市立石)

○式場で人気のハウス栽培ダリア
○全国に認められた南信州の花き栽培



こちらからPDF版をダウンロードできます
 
(2014年1月・週刊いいだ掲載)
※上記誌面クリックにて拡大します
明日へ未来へつながる農業(30)2013年12月
伝統野菜「千代ネギ」の魅力ふたたび
千代地区農業振興会議(飯田市千代)

○おいしい試食でアイデアいっぱい
○南信州は伝統野菜の宝庫



こちらからPDF版をダウンロードできます
 
(2013年12月・週刊いいだ掲載)
※上記誌面クリックにて拡大します
明日へ未来へつながる農業(29)2013年11月
若さと愛をネギ栽培に賭ける
ネギ農家 田口真裕さん(飯田市三日市場)

○家族と仲間に支えられて
○産地のアイデアでヒット「土付きねぎ」



こちらからPDF版をダウンロードできます
 
(2013年11月・週刊いいだ掲載)
※上記誌面クリックにて拡大します
(12/24に延期します) 市田柿剪定講習会を開催します

(延期のお知らせ)
本日(12/19)、開催予定の市田柿剪定講習会は、雨天のため12/24(火)に延期します。



〜飯田市農業振興センター 市田柿栽培支援事業〜

市田柿の剪定(せんてい)方法を専門家が指導します。

定年後に市田柿の栽培を考えている方や家の市田柿の剪定方法がわからない方など、初心者を対象とした講習会を開催します。

1 日 時    平成25年12月19日(木)午後1時30分から午後4時

        ※雨天の場合  平成25年12月24日(火)午後1時30分から午後4時

2 場 所    JAみなみ信州 いいだ果実選果場 西側駐車場の隣接圃場

 (飯田市上郷黒田2540-27付近

3 内 容    市田柿の剪定作業講習

4 対 象    市田柿の栽培者(初心者向け)、シルバー人材センター会員

5 講 師    下伊那農業改良普及センター 山近主査

6 参加料    無料

7 持ち物    剪定ばさみ・剪定ノコギリ・筆記用具

8 服 装    防寒、作業の出来る服装

畦畔管理実証事業(センチピードグラス)現地学習会の開催について(お知らせ)
 〜畦畔(けいはん)の省力管理に期待! センチピードグラス(ムカデシバ)の実証〜


 □内容:センチピードグラス吹付播種による畦畔管理技術の現地学習会

  中山間地域の「畦畔管理省力化」を目的として実証を行っている飯田市山本の畦畔圃場にて管理技術の現地学習会を開催します。

 □講師:下伊那農業改良普及センター 宮下係長

 □日時:平成25年11月18日(月) 13:30〜15:00(終了予定) ※受付 13:15〜

 □会場:JAみなみ信州山本支所 2階会議室及び現地圃場(山本竹佐)
     ※13:30にJAみなみ信州山本支所 2階会議室で受付を行い、
      乗り合わせで現地圃場へ向かいます。
      圃場見学した後に、JA山本支所 2階会議室へ戻り説明を受けます。

 □主催:飯田市農業振興センター、山本地区農業振興会議、下伊那農業改良普及センター

 □問合わせ先:飯田市農業振興センター 電話 0265-21-3217 (担当 吉沢、筒井)

※センチピードグラス:和名 ムカデシバ
続きを読む >>